不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊治療とは > タイミング療法

タイミング療法

投稿日: 2013年08月27日
カテゴリー:不妊治療とは

 不妊治療というと、人工授精や体外受精などの大掛かりな治療方法を考える人が多いですが、初めて不妊治療で産婦人科などを訪れる場合、最初に行われるのはタイミング療法です。

 タイミング療法は、妊娠する確率が最も高い、排卵するタイミングを測り、そのタイミングに性交渉を持つことで自然妊娠を目指す方法のことをいいます。

 通常、排卵日は、生理予定日の14日前とされています。
 安定して生理がくる人の場合、ある程度のタイミングを図ることは自分でも可能ですが、そもそも生理が不安定の場合タイミングを図るのは至難の業です。

 排卵日を調べる方法には以下の様な方法があります。

排卵日を調べるには?

基礎体温法

 女性の体温は、生理と翌月の生理の間に、0.3~0.5度ほど変化しています。
 通常、生理の終わりから排卵日までは低体温が続き、排卵日から次の生理の間は高温期に入ります。つまり、低温期が続き、高温期に入る直前が排卵日であると予測できます。

 基礎体温法では、この基礎体温を記録し、排卵日前後3日間くらいの間に性交を行うことで、妊娠する可能性を高めます。

排卵検査薬(LHチェッカー)の使用

 排卵日の前に急激に増える、尿に含まれるLH(黄体形成ホルモン)を測定することで、排卵日をかなり正確に予測することができます。

 国内製の排卵検査薬もありますが、何度も使うことを考えると少し高額なので、安くて質もほぼ変わらない海外製の排卵検査薬を使えば、大幅に節約も可能です。

おすすめの海外製の排卵検査薬と通販できるサイトはこちらで紹介しています。

 
 人工授精などの医療技術を期待して産婦人科などに行けれる場合、タイミング療法を提案されて不安に思われる方もいるかもしれません。

 しかし、実際には、タイミング療法で妊娠するカップルが一番多く、費用のことを考えても、真剣に取り組んで無駄にはならない方法です。

 また、年齢など理由で、タイミング療法とサプリメント、排卵誘発などを組み合わせて行う場合もあります。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!