不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊治療とは > 不妊治療を始めるときの病院の選び方

不妊治療を始めるときの病院の選び方

投稿日: 2014年05月12日
カテゴリー:不妊治療とは

 不妊治療経験者の体験談を元に、病院を選ぶ時に知っておくと役立つポイントを幾つか紹介します。

不妊治療専門の病院

 産婦人科でも不妊検査や治療を行ってもらえますが、初めから不妊専門の病院を選ぶほうが無難です。
 産婦人科の先生の不妊に関する知識にムラがあることがあるのもそうですが、産婦人科だと待合室で妊婦さんと一緒になる可能性が高く、治療期間が長くなるとストレスに感じる人も多いです。

通いやすさ

 とくに仕事を続けながら、人工授精や体外受精を考えている人の場合、会社から通える場所にあるか、仕事の後でも病院が空いているかが、大切です。
 検査だけでも数回通う必要がありますし、治療が長期になればなるほど、遠くの病院への通院は難しい物になります。

信頼できる先生かどうか

 病院や医師の方針、治療や薬、料金体制について、納得できる説明をしてくれる先生だと、安心して治療を続けることができます。
 ただ、人気の先生は、忙しすぎて一人ひとりの対応が雑になってしまっている場合もあるようです。

予約できるかどうか

 病院によっては、予約を受け付けていなかったり、予約をしても、2時間以上待つことが頻繁にある場合もあります。
 とくに長期で通う場合、毎回長時間待たなければならないと、想像以上にストレスになります。

転院できることも知っておく

 不妊治療を行っている人は、転院を経験している人も少なくありません。
 実際に自分で治療を受けてみて分かる、病院に求める優先順位も分かるので、転院することで医師との相性やストレス状況が変わり、妊娠できた、という場合もあります。

 最初から理想通りの病院を探そう!と気合を入れすぎす、合わなかったら転院しよう、と頭に入れて、思い切って不妊治療を始めましょう。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!