不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊治療とは > 体外受精

体外受精

投稿日: 2013年08月28日
カテゴリー:不妊治療とは

 人工授精では、採取した精子を子宮内に入れ、女性の体の中で自然に受精させますが、体外受精では、女性から卵子も採取し、シャーレで受精させたものを子宮に戻します。

 自然妊娠の場合、成熟した卵子が排卵され、その卵子と精子が出会い受精し、子宮内へ到達する、という順序を踏みます。

 不妊治療に縁がなく、苦労せず自然妊娠した人の場合でも、ここに至るまでに受精卵が失われる可能性もありますが、体外受精ではこのプロセスを確実に体外で行ってから子宮に戻すので、妊娠の可能性は高くなります。

 しかし、それでも可能性は20%前後に留まります。

 子宮に戻した受精卵が着床できるかという問題が残っていますし、体外受精に踏み切る女性の年齢が高いことも影響しています。
 体外受精でも卵子はカップルの女性のものを使用するので、卵子の老化はどうしても結果に影響します。

体外受精について知る

体外受精の一般性と費用

 体外受精の費用は10万から40万くらいで、薬の使用料やクリニックによって差があります。
 健康保険は適応されないので、金額的にも大きな決断が必要です。

 しかし、あまり知られていませんが、体外受精はかなり一般化しており、生まれてくる子どもの40人に1人は体外受精で誕生しているほどです。

体外受精と顕微鏡受精

 体外受精は採取した卵子と精子をシャーレの中で自然に受精させますが、圧倒的に精子の数が少ない場合など自然受精が困難な場合、顕微鏡受精を行います。

 顕微鏡受精は、高度な生殖医療により、人工的に卵子を受精させ、体外受精と同じように子宮内に卵子を戻します。

体外受精の成功率

 体外受精の成功率に関する研究結果によると、5回までの体外受精で妊娠する確率は約40パーセントですが、6回目以降の体外受精の成功率は1%以下であることが分かっています。

 5回体外受精に挑戦したも妊娠しなかった場合、体外受精は体質に合っていない、と考えられる目安にできます。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!