不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 体の仕組み > 卵子の寿命を知って、妊娠する確率を上げるには?

卵子の寿命を知って、妊娠する確率を上げるには?

投稿日: 2014年04月24日
カテゴリー:体の仕組み

 卵子が受精できるのは、排卵されてから24時間前後だと言われており、卵子の寿命はけして長くありません。

 この、卵子が受精できるタイミングに精子と出会えるようにセックスをして、妊娠を狙うのが、基礎体温から排卵日を測定して排卵日を調べるタイミング法ですが、排卵のタイミングを間違いなく予測するのは意外と難しいです。

 なにせ卵子の寿命が短いので、より確実に排卵日を調べるには、排卵検査薬を使うのが確実です。
基礎体温を測って大雑把に排卵日を予測し、そろそろかなー?と思ったら、排卵検査薬を使って排卵してるかどうかを調べます。

 排卵検査薬は意外と高額なので、抵抗がなければ外国製の製品の使用がお財布に優しいです。

 
 また、精子の寿命は卵子の寿命より少し長めで、48時間前後、人によってはもっと長いこともあります。

 射精後、精子が卵子の待つ場所に辿り着くまでに約5時間掛かることを考えても、排卵日より前にセックスをして、排卵される瞬間に精子がすでに卵子を待っている状態にするのが、一番妊娠できる可能性が高いです。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!