不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊治療の悩み > 恋人に不妊症である事実を伝える方法

恋人に不妊症である事実を伝える方法

投稿日: 2014年07月06日
カテゴリー:不妊治療の悩み

 不妊症である事実は、実際に子どもが欲しい!と思って始めて知ることが多いと思いますが、結婚前に子宮の病気を経験したり、生理不順だったりの経験から、子どもを授かるのは難しいことが事前に分かっている場合、不妊症であることを付き合っている恋人に伝えるには、すごく勇気が必要です。

 このページでは、どうやって不妊症であることを彼氏、彼女に伝えるか?について、英語ページ、How to Tell Your Boyfriend You Can’t Get Pregnantを参考に紹介します。

恋人に不妊症である事実を伝える方法

いつ頃話す?

 同居や結婚の話や、真剣に理想の将来を話すようになったら、早めに不妊症であることを伝えるべきでしょう。
 不妊症であることだけでなく、なぜ妊娠できないのかを、正直に伝えることが大切です。

不妊症である場合の選択肢についても触れる

 不妊症であることを未来がないように話すのではなく、人工授精、体外受精、養子縁組、もしくは子供なしで生きていく人生についての選択肢があることも伝えましょう。

ネガティブになり過ぎない

 あなた自身が不妊について否定的で、否定的に恋人に話をすると、相手も同じ気持ちになる可能性が高いです。
 自分が不妊であることを受け入れ、事実を伝える姿勢を持っていれば、相手にとっても受け入れやすいです。

恋人が恋愛関係を解消することを決めつけない

 不妊治療も視野に入れての妊活を受け入れてくれる人もいれば、子どもがいなくても気にしない人もいます。
 恋人が急に別れたがることや、逆に、人工授精や体外受精を急に受け入れてくれることを、決め付けるのは止めましょう。

 あなたの不妊を伝えたあとで、相手に考える時間をあげましょう。

 
 恋人と別れるかの知れない、という考えは恐ろしいものですが、恋人が一緒にいるべき相手ではない場合、別れて1人でいるほうが良いでしょう。不妊症のあなたをそのまま受け入れてくれる人に、早く出会えるのを祈っています!


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!