不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不育症 > 流産しやすいのは体質?不育症とは

流産しやすいのは体質?不育症とは

投稿日: 2014年04月06日
カテゴリー:不育症

 妊娠はするのに、2度、3度と流産を繰り返してしまい、わたしは流産しやすい体質なのだろうか?…と、傷ついてはいませんか?

 このように、妊娠してもすぐに流産してしまう場合や、死産が何度もおこる場合、不育症と呼ばれ、流産が起こる原因を探したり対策を取ったりします。

 何回流産を繰り返したら不育症に部類されるかは、具体的には定義されていませんが、2回とする場合と、3回とする場合があるようです。

不育症の原因

 不育症は、染色体異常、子宮筋腫などの子宮の異常、黄体機能不全などが原因で起こると、検査をしても原因が見つけられない場合があります。

 とくに、検査をしても原因が見つからない場合は全体の60パーセント以上と高く、その内の多くは、偶然流産したものと考えられることも多いです。
(不育症に関係なく、全妊娠の10パーセント前後は流産している、という結果が出ています。)

不育症でも出産できる?

 何度も流産が続くと気持ちが塞いでしまったり、次の妊娠が怖くなったりしてしまいますが、不育症でも80パーセント異常が元気な赤ちゃんを出産できています。

 2度以上の流産を経験しても、諦めずに医師に相談し、検査をしたりアドバイスを貰ったりして、次の妊娠に向けて体を整えましょう。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!

このページを読んだ人は、こんな記事も読んでいます

0-99