不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 自分でできること > 45歳で妊娠したい人がするべき3つのこと

45歳で妊娠したい人がするべき3つのこと

投稿日: 2014年03月30日
カテゴリー:自分でできること

 女性の社会進出が進み、男性に負けないように仕事に励んでいると、会社での立場や仕事への影響を考え、どうしても後回しになってしまう結婚。
 そうすると、自然と妊娠、出産について考えるのも遅くなり、高齢出産のカップルも急激に増えています。

 女性は35歳を過ぎると、急に自然妊娠できる確率が低下します。

 社会で揉まれていたからこそ、外見にも気を使う女性は多く、年齢を聞いて信じられないほど、外見も内面も若々しい女性は少なくありませんが、卵子は平等に歳を取り、老化しているのです。

 45歳から妊娠を目指して、自然妊娠で出産するのは、かなり低い確率に掛けることになります。

 このページでは、妊娠したい45歳の人がするべき3つのことを紹介しますので、目をそらさずに読んでいってください。

子どもを授かれないことも考える

 最初からネガティブな内容で申し訳ないですが、45歳で妊娠できる確率は、不妊治療を行っても50%程度で、けして高くはありません。
 一度不妊治療を始めると、不妊治療のゴールである、妊娠・出産に至れない場合、治療を止めるタイミングを決めるのが非常に難しいです。

 治療は辛いし、お金も掛かるので、赤ちゃんを授からないと報われない!と思ってしまい、精神的、体力的、金銭的に追い詰められてしまいます。

 絶対に妊娠できる保証はないことを知っておいて、不妊治療はどこまでやるのか、今から決めておくのが大切です。

 当ブログでは、体外受精の成功率に関する研究結果に則り、最高でも体外受精(顕微鏡受精)5回まで、が現実的だと考えています。

できるだけ早く病院で検査を受けましょう

 通常ですと、不妊症=避妊をしていないのに1年以内に妊娠できないカップル、となっているので、1年ほど自分たちでタイミング法を行ってから病院へ行くカップルが多いですが、あなたの体が自然妊娠出来る状況なのか、早めに検査して知りましょう。

 不妊治療を行うにしても、少しでも若いほうが、妊娠できる可能性が上がります。

生活習慣を見直しましょう

 現代人の不規則でストレスフルな生活は、妊娠を遠ざけます。
 冷え性の改善、食事の見直し、充分な睡眠をとることや、適度な運動を心がけましょう。サプリメントも上手に取り入れることをおすすめします。

→ 体を温める食べ物まとめ

 また、妊活・不妊治療では、ストレスを感じることも多いと思いますが、ストレスを溜めないように気をつけてください。

 ミトコプラスという、細胞に働きかけ、卵子を若返らせるサプリもあるので、本気で不妊治療に取り組もうと思っている人は是非使ってみてください。

→ 日本初!卵子を若返らせるサプリが登場!


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!