不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊症とは > 中絶は不妊症の原因になる?

中絶は不妊症の原因になる?

投稿日: 2013年08月26日
カテゴリー:不妊症とは

 人工中絶を経験し、いざ子どもが欲しい!と思ったときに、なかなか授かることができないと、どうしても気になるのが「中絶経験は不妊症の原因になるの?」ということで、ただでさえ悲しい経験をしたのに、さらに後悔したり、自分を責めてしまったりしがちです。

 しかし、実際には、人工中絶を経験したからといって、不妊症になるわけではありません。

 一度は自然に妊娠することができたわけですから、少なくとも先天的な不妊症でないことは証明できます。

不妊検査は受けてみるべきかも?

 そうはいっても、人工中絶が母体に負担を掛けることは事実です。

 中絶の手術の際に、子宮内膜が癒着して無月経になった、子宮内部や卵管に炎症を起こした、それによって卵管が詰まってしまった場合、などそれらは不妊症の原因になります。

 これらの原因は、人工中絶をしていなくても起こりえることなので、人工中絶を経験したからといって、不妊症の検査、治療内容が変わることはありませんし、中絶を数回経験した女性が妊娠して子どもを産んだ話もあります。

 中絶したから子どもが授かれない、と諦めるのは、まだ早いです。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!