不妊症克服を目指す情報サイト【コウノトリnet】

赤ちゃんを授かりたい全ての女性を応援する、不妊・妊娠情報サイトです

HOME > 不妊症とは > 女性不妊の原因

女性不妊の原因

投稿日: 2013年08月26日
カテゴリー:不妊症とは

 女性不妊の原因は複数あり、ひとりで複数の原因を持っていることも珍しくありません。
 これから紹介するのは、主な女性の不妊症の原因です。

20130808123221

排卵障害

 女性は通常、毎月1回体内で排卵をしますが、排卵がうまく行っていない場合、不妊の原因になります。
 ホルモンのバランスが崩れていることが原因であることが多く、卵子がうまく発育しない、育っても排卵していないなどの状態で、不妊の主な原因のひとつです。

生理不順、無月経など、月経に影響を与えることも多いです。

卵管障害

 卵管は、卵巣から排卵された卵を卵管にとりこみ、取り込んだ卵と精子が受精する環境を作り、受精した卵を子管へ運ぶ役割を持っています。

 炎症などが原因で卵管が詰まってしまう卵管閉塞、卵管の周囲に癒着ができる卵管周囲癒着などで、これら全ての機能がうまく働かない場合、不妊の原因となり、卵管因子は最も多く見られる女性不妊の原因です。

子宮障害

 子宮は受精卵を子宮内膜に着床させ、発育させる大切な場所です。
 その子宮内膜にポリープや子宮筋腫ができていたり、性感染症や、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが原因で、受精卵を育てる環境が整っていないと、不妊や流産の原因になります。

また、子宮の形に異常がある場合も妊娠がむずかしくなります。

子宮内膜症

 子宮の内腔にある子宮内膜組織が、子宮内宮以外(卵巣や骨盤の内の腹膜に多いです)にできる状態を子宮内膜症といいます。
 不妊症のほか、生理痛、性交痛の原因にもなりますが、子宮内膜症でも妊娠する場合もあることから、どの程度不妊に影響するのかはまだ分かっていません。

年齢因子

 女性は30歳を過ぎると毎年少しずつ卵子、子宮が衰えていき、35歳以上で急に老化します。

原因不明不妊

 男性側に原因が見つからず、これらの検査をひと通り行い女性側にも原因が見つけられない場合も、約1割あります。


わたしの体質を改善したら、赤ちゃんを授かりました♪

 なかなか妊娠しない、体外受精が成功しないのは、あなたの体が妊娠できる準備ができていないからではないですか?旦那さんと一緒に始められる国産の妊活サプリで、今度こそ可愛い赤ちゃんを授かりたい人へ!